記事一覧

片手ブラインドタッチキーボードシステム再び!

おはようございます!のしのこと秀一です!
1日サボって、2日目サボって、朝になって少しでもと思って書いています。
今回は今までの片手ブラインドタッチキーボードシステム構想についてと今後の作戦について話して行きたいと思います。
始まりは大学時代から、電車で手元を見ないで片手で打ち込めるデバイスが欲しいと思いました。フロッグパット?や握るタイプのキーボードがあったのですが、手に入れられそうに無いので、出来れば作りたいと思いました。
去年の今頃、会社を辞める事を考えて時間が出来るので、片手ブラインドタッチキーボードシステムを作ろうと思いました。

企画書みたいなのがこれです。
去年の段階では、ブルートゥーステンキーを使って、iPhoneに数字・記号文字列を送り、ソフトウェアで文字列を処理してアプリ内だけで、片手ブラインドタッチキーボードによる文字列が打ち込めると行った構想でした。
仕様書チックなものも少し作りました。

ソフトウェアで処理もきっと出来ると思うのですが、少し調べましたが、なかなかもって大変で時間ばっかり使ってしまいました。そもそもアーキテクチャな感じとかが見えなくて何となく文字出るみたいな。
今回は折角電子工作もやっている事だし、キーボードを一から自作して、片手ブラインドタッチキーボードシステム仕様にする。と言う作戦です。
次回は、自作キーボードについて下調べして作っていく構想を語りたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント